2つの中での山のクラスのクラスの馬の陣容は同じために1つの欠点を補うことができないならば-97179

二に極楽往生するクラス馬陣と貯金が一弱点補強や殘しなければ難しいカンナヴァーロはどのように解決し后防問題?このシーズンの中国では、中甲リーグが幕を閉じた後、中国本土への突入に成功した天津市では、貴州がファンから注目されている。2チームの社長は、今もサッカーに強い投資欲を持っている。しかし、チームの配置について考えてみると、次のシーズンには、この2本の中国語では、同じ問題が存在していると考えられている。今年の中甲シーズンでは、石や葉、コマ、ブリッジといった豪華な攻撃群に比べて法が弱い。また、ブラジル人は、サッカーがリーグ戦で7回目になった場合には、長距離線上のショートボードがさらに明らかになってきていることが明らかになった。ロシアが主権に入った後に、大胆に後の防御線の上で石を使ったことがあったことがあって、今、晋の葉の葉を蓄えて、葉がある人たちを蓄えて、そしてチームの守備と攻撃の全体的な性を強調しました。しかし、シーズンが終わった後にカッコいいということも明らかにされているが、このシーズンには選手が来年も多くのチームがいない可能性があるということを明らかにした。このようにして、監督グループは以前、チームの守備端にある短板を知っていた。しかし今、权健側も認め、「中前場よろず屋」权敬源の導入の問題ではない、出会った小さな抵抗。またちまたでも推測、シーズン後にカードを殘してってクラブの内援導入リストでは、王彤糜昊伦かもしれないという期待株防御勇猛な武将。現在の状況を見て、权健来年開くかもしれないを置いてモードをチームの防御線の問題。長い間の守備は来年に1つの等級を上げることができるかどうか、試練のはこのような銭クラブの研究能力ではありません。これと同じように、今年はリーグ戦の第2の身分をもって中国の貴州に入って、同様に後の防御線不足の深刻な問題に直面している。今の布はまだ経験豊富なゲートウェイが駐屯していることがあって、貴州は今年使っていたゴールキーパーが自慢と比べて、明らかに幼い。また、貴州のこのシーズンのこの防御線の上で、フランスの2つのシーズンの登場は、2つのシーズンの登場が25回を超えているということで、これは圧倒的な主力となっており、残りのメーカーは基本的に主力と交代でうろうろしている。また、フランスと二人は2人で35歳を過ぎていますが、この年になった後の防御線は、中国からの攻撃を防ぐのは難しいようです。クラブの長期的に計画を投入するのに関わらず、やはりクラブの既存の人員が配置して見ることによって、貴州とブランドの葉の葉に比べて、すべて一定の差が存在している。黎兵のチームの認識の問題も防御線とは、短期的にはさせにくいチームの守備力を著しく上がり。来年の中国では、中国では、最初のシーズンでは、特定の定員を維持するのは、彼らの実用的なシーズンの目標です。「星の選手」が駐屯しているような貴州陣の中では、中国の中国では、中国では、中国では、中国では、中国では、中国語の強さを問わず、彼らの守備端の硬さを試してみましょう。そうすれば、この冬の防御線貴州に問題权健より大きく、より断然。スポーツ界+新勢力及びキャンパススポーツ界での活躍活動がスタートしました。

两中超升班马阵容同存一软肋 若不补强或难留下 卡纳瓦罗如何解决后防问题?   在本赛季中超、中甲联赛落幕之后,成功冲入中超的天津权健和贵州恒丰倍受球迷关注。尽管两支球队的老板,现今都对足球有着较强的投资欲望。然而从球队人员配置方面考虑,下赛季这两支中超升班马却存在着同一问题,那就是后防人员的薄弱。   在今年的中甲赛季里,相比以法比亚诺、贾德森、格乌瓦尼奥以及孙可组成的豪华进攻群,权健的防守段人员构成相对薄弱。在巴西人卢森博格带队在联赛中7轮不胜的情况下,权健后防线上的短板就显得更加明显,刘盛、张诚、张炜、基蓝马等人均在比赛中出现了不同程度的低级失误,球队的防线一度形同一盘散沙。   在卡纳瓦罗入主权健之后,大胆在后防线上启用过晏子豪、储今朝、晋鹏翔、张修维等人,并且强调了球队防守和进攻的整体性,让权健的防守问题有所缓解,但球队整条防线上仍然没有核心球员。   但在赛季结束之后卡帅也透露,本赛季队中球员来年很多都可能不在队了,并“钦点”了其在西亚执教时认识的韩国铁卫权敬源作为来年球队后防核心人选。由此可见,在卡纳瓦罗教练组早已经认识到球队在防守端的短板。   但眼下,权健方面也承认,在“中后场万金油”权敬源的引进问题上,他们遇到了不小的阻力。此外坊间也猜测,在本赛季后卡帅留给俱乐部的内援引进名单中,或许包括了糜昊伦、王彤这样的潜力股防守悍将。   从当前的情况看,权健或许在来年还将开启烧钱模式弥补球队防线的问题。权健的防守能否在来年提升一个档次,考验的是这支不差钱俱乐部的攻关能力。   与权健一样,今年以联赛第二身份涉险杀入中超的贵州,也同样面临着后防线不足的严重问题。当下的权健尚且有经验丰富的门将张鹭坐镇,而贵州今年使用的门将苏渤洋与张鹭相比,显然稚嫩很多。   此外,贵州的本赛季的这条防线上,除了法图斯、伊班两名赛季登场均超过25次的这对中卫组合属于绝对主力之外,其余后防球员基本在主力与替补之间徘徊。况且法图斯与伊班两人都已年过35岁,这条老迈的后防线似乎很难抵挡中超外援的冲击。   不论是俱乐部长远投入规划,还是俱乐部现有人员配置看,贵州与财大气粗的权健相比,都存在着一定的差距。黎兵的球队即便认识到了防线的问题,估计也难以在短期内让球队的防守能力得到明显提升。   在来年的中超处子赛季中,留住中超名额或许是他们务实的赛季目标。对于在中前场几乎没有“星级球员”坐镇的贵州阵中,能否在中超处子年保级,更多要考验他们防守端的硬度。这样来看,这个冬天里贵州遇到的防线问题,显然比权健还要大。   体坛+新势力暨校园体坛风云人物评选活动已启动,欢迎下载体坛+报名参赛更多精彩请关注体坛+APP相关的主题文章:

« »

Comments closed.